October 20, 2009

HERO

先日、子供の頃にとてもお世話になった人が亡くなり、
あらためて思い知りました。

自分にとっても、誰にとっても、時間は限られている

僕には、子ども達にも、妻にも、伝えたいことがまだ
たくさんあるし、一緒にしてあげたいことも、見せて
あげたいものだって数え切れないけれど・・・

その全てを手渡すことはできないのだろう。
ほんのいくつかしか、選ぶことはできないのだろう。

こうして子どもの手を握ってあげることができるのは、
決して永遠に続けられることじゃない。

だからこそ、今日は何を伝えてあげようか。
そして明日は、何をしてあげられるだろうか。

21年前、初めて自分の子を抱いた時
この子を幸せにしよう、この子に胸を張れる親になろう、
そう思った気持ちは、今もこれからも色褪せない。


でもね

世の中には、親から愛をもらうどころか、ただ殴られて、
虐待で心を傷だらけにされて育った子もいる。

ただただ、毎日じっと息を殺して、それが終わることを、
そこから逃げ出すことや死ぬことだけを毎日考えて
生きてきた子や、自分の命の価値を見出せない子や、
今この瞬間もその地獄の中にいる子がたくさんいる。

もうじきみんなが行く修学旅行に参加できない子や、
みんなが手にする卒業アルバムをもらえない子が、いる。

彼らの心に灯をともしたい
彼らに愛や感謝を体感させてあげたい。
心の底から「生まれてきて良かった」って言わせてあげたい。


もし自分が、明日を迎えることができなかったとしたら、
子ども達には、僕の大切な人達には、僕が与えるはずだった
愛情を、他の誰かから与えられてほしいと心から願う。

だから

そこに親から愛情を与えられていない子がいれば、
そこに自分の存在意義を見出せない子がいれば、
そこに心からの笑顔を忘れてしまった子がいれば、
そこに待っている子・待っている人がいるのなら
自分ごととして、我が子に対してするように、手を差し
のべ、抱きしめてあげたいと思う。

悲しい顔をした子どもがいない時代であればいい。
誰もが手を差しのべてくれる時代であればいい。

でも、今はまだ、そうじゃないから。
僕にできることは、とても小さなことばかりかもしれない
けれど、そのできることを精一杯、やりたいと思う。


昔、僕にとってのHEROが、僕に勇気を与えてくれたように。
生き方と人生を変えてくれたように。
彼らがありったけの勇気をふりしぼって前へ踏み出していける
ことを心から願い、後押ししてあげたい。

それはきっと、また次の誰かへとつながっていく。