November 24, 2010

体験が心を育てる

小学生の頃、こっそり冷蔵庫から玉子を1つもらってきて、
毎日抱きかかえて寝ていたことがあります。

昼間、学校へ行く時には、掛け布団を重ねた中にしまって、
帰ってくるとお腹にタオルを巻いてその中で温め、夜は
また抱きかかえて寝て・・・

「鳥は最初に見た生き物を自分の親だと理解する」という
“刷り込み”を授業で習って、ヒヨコを育てたくなって。

来る日も来る日も玉子を温め続け、10日程経ったある日曜、
帰宅すると、布団の中から玉子が無くなっていました。
心配になってゴミ箱を探してみて、そこに捨てられた玉子が
あったのを見つけた時には、悲しくて胸が痛みました。


数日後、母親に玉子のことを尋ねると、母親が布団を干す時
に発見して、腐っていたから捨てたと聞かされました。

捨てた後、母親はかなり悩んだそうです。

日頃、親代わりに料理をする機会が多かった僕が、布団の中
で食べようとして忘れてしまったのか。 それとも・・・。
もし、真剣に温めていたのなら、別の玉子を入れておいて
あげるべきか、それとも、スーパーで買った玉子ではヒヨコ
が生まれない事実を教えるべきか。

そこで、忘れているかもしれないので、本人が言い出すまで
黙っていることにしたのだそうです。


トンボを育てた時の体験もそうですが、子どもの頃の
体験って
良くも悪くも本人の人格形成に大きな影響を与えるものだ
と思います。

そして、一旦どちらに影響したとしても、それは受け止め方
次第で全てが貴重な思い出・経験として、人生の伸びしろ
となってくれるようにも思えます。


僕が「育成」や「生み出す」にこだわって生きているのは、
この出来事が遠因なのか、それとも、こういう人生を生きる
ことを決めて生まれてきたから興味を持ったことなのか。

(たぶん、後者なのだと思いますが)

いずれにしても、
もし、自分の毎日の生活を誰かが全て録画していたとしたら、
1年で365本、10年で3,652本のビデオが揃ったとした時に、
後から「見てみたい」と思えるビデオは、果たしてそこに何本
あるのでしょうか。

子どもでも、大人でも、同じような映像ばかりになっていた
としたら、つまらないですよね。


今の時代、子どもたちにも、また、大人になってからでも、
些細なことや他人から見たらくだらないことでもいいから、
何か純粋な気持ちからの行動を起こしてみてほしい、と
日々感じています。

興味を持ったこと、やってみたいと思ったことを、飲み込んで
しまわずに実行して、体験をしてほしいと思います。

その体験が心を育て、きっと人生を豊かにしてくれるはずです。


   << チャーリー・チャップリンの80年前のメッセージ >>

  



  



Posted by exceedblog at 23:40clip!私からあなたへ 
November 10, 2010

届けたいメッセージ

ミュージカル「ギフト」以前に、ある方から「とても素敵なミュージカル
なので観劇しませんか?」とお誘いをいただいた
のが、この「Gift」という作品。

ストーリーやエピソードなど、作品について色々
調べてみて、とても素敵な作品だと思ったけど、
その時は、「仕事の都合」という言い訳をして、
観に行きませんでした。

でも実は、かなり複雑な気持ちがあったんです。


夢や希望という眩しい光が届いていない子どもたち、歯を食いしばって生きていて
本当の笑顔を忘れてしまった子どもたち・・・、そんな、次の時代を担う子どもたち
の心に灯りをともすメッセージを発信したい!

そんな気持ちで広告代理店に勤め、エンターテインメントの世界に身を投じ、そして
そんな次の時代を創り出すために、経営コンサルタントという職業を選択してきた
自分にとって、この作品を観てしまうことに、少なからずためらいを感じたのです。

観てしまったら、
「何故自分は今、エンターテインメントの世界にいないのだろう」
「こういうメッセージの作品にこそ、関わりたい」
そんな、ジェラシーに近い気持ちになりそうな予感がしたんですよね。

時が経って、何のご縁か(と言うより、むしろ、やはりご縁なのかも)、私が講師を
務める起業塾の修了生が、この作品の上演権を獲得し、娘がこの作品に出演する
ことになって、今、予想もしなかった立場でこの作品に関わっています。


クリスマスにサンタクロースのお手伝いをすることになった主人公たちを通じて、
夢を追うことの困難と素晴らしさ、希望を持つことの大切さに気付かされ、
サンタクロースに様々なプレセントをお願いしていく子どもたちの姿を通して、
優しい気持ち、辛い気持ち、切ない気持ち、愛しい気持ちなどを痛いほど感じ、
そして、命の尊さ、信じることの素晴らしさを思い出させてくれる、感動の物語。

お子さんやご家族、あるいは恋人と一緒に観たら、とっても優しい気持ちになる
と思いますし、たくさんのお子さんやお母さん、そして未来のお母さんたちに、
この、大きくて深くて、大切なメッセージを「ギフト」として届けたいです。

12月26日(日)は、1人でも多くの方に観ていただきたいと思っています。
きっと生涯忘れられない「ギフト」を受け取れると思います。

ぜひ、お子さんに、ご自身に、大切な方に。


          ミュージカル「ギフト」公式HP  


  



Posted by exceedblog at 03:05clip!あなたから誰かへ 
November 05, 2010

「これから」に寄り添う

いろいろな出来事があって、たくさんの思い出があって、
そして「今」の自分がいて、「これから」の未来がある。

つらかったことも、悲しかったことも、何も手放す必要
なんかなくて、それがあったからこそ、今ここにいる。

溢れる想いに誇りをもって、すべてに感謝をもって、顔
を上げて生きていっていいんだ。

大事なのは「これまで」に何があったかじゃない。
いつでも目の前にいる人の「これから」に寄り添うこと。