March 31, 2012

ポテンシャルを信じて

街角でベビーカーを押すお母さんや、子どもの手を引く
お母さんがいると、つい子どもの顔をのぞき込む。

寝顔だったり、笑顔だったり、泣き顔だったり、時には
ふくれっ面だったりする知らない子どもたちの姿を見て、
ちょっと笑みがこぼれたり、優しい気持ちになれたり、
すべての物事に感謝したい気持ちになれる。


人は誰でも、ボーダーラインを持っている。
それは、ルールと言い換えられるのかもしれない。

ここまでは許すけれど、ここからは許せない。
これはOKだけど、ここがこうなったら絶対にNG。

そんな自分のボーダーラインは、年齢を重ねる度に、
少しずつ変化していく。


昔は、電車やエレベーターでは「降りる人が先」だと
思っていたのに、毎日疲れて、いつの間にか、いつも
自分が先になってしまったり。

昔は、仲良くなりたかったら自分から相手を信じた
のに、いつの間にか、自分を信じてくれる人しか信じ
られなくなってしまったり。

いつもは相手のことを真っ先に考えてあげられるのに、
それを重ねて自分が辛くなってくると、つい自分の
ことが最優先になってしまったり。


いつでも、いつまでも、そのままの自分でいることは
難しいかもしれない。 余裕がないかもしれない。

でも、子どもの顔を見ていると、ほんの数秒間だけは
昔のままの自分に戻っていたりする。

もしかすると、本当に戻れなくなったんじゃなくて、
戻らない言い訳をしているだけなのかもしれない。


今を生きる大人たちが、ほんのちょっぴりずつでいいから、
昔の自分に戻れる時間を長くできたら、ありのままの
本当の自分を生きる時間を長くできたら、世の中は
劇的に変わるのかもしれない。

苦しいことや辛いことを我慢して、頑張り続けることは、
それはそれで大事なのかもしれないけれど、大人であり
続けることも大事なのかもしれないけれど、でも、
ターニングポイントは、考えて選んで進むより、心で感じて
進む方が、いつでも正解に辿り着く。


明日は今日より1分でいいから、ありのままの自分でいられる
ように、そのままの自分を生きられるように。
それを、ほんのちょっとずつ長くしていけるように。


見知らぬ子どもを愛しめる気持ちがある限り、世の中は
まだ捨てたもんじゃない、と思う。

そのポテンシャルを信じていきたい。  



  



Posted by exceedblog at 20:02clip!想いを込めて 
March 22, 2012

I Love You

広告や映像の業界で、古くから使われてきた言葉を引用します。

昔、映画で今のような性描写が厳しく規制されていた時代、
「愛しています」という言葉さえ規制の対象になっていたため、
ハリウッド映画の字幕スーパーや外国CMの吹き替えにおいて、
「I Love You」 は、こんな風に訳されてきました。

  あなたのすべてを信じています。

  あなたを心から尊敬しています。

  あなたはかけがえのない存在です。

  あなたへの感謝で胸がいっぱいです。

  あなたの幸せが私の幸せです。


いつでもそういう想いを込めて、大切な人、大切な家族に
言葉にして「愛しています」と伝えたいですね。  


  



March 21, 2012

今どこにいるのか

卒業・進級シーズンで、今年もいくつかの学校の校長先生をはじめ、
学級担任の先生やPTAのお母さんから、ご挨拶や学級通信などに
このブログの記事を引用させてほしい、というお話をいただきました。

転用転載につきましては、よろこんで承諾させていただきますので、
左メニューのリンク「ご感想をお寄せください」からお申し出ください。



小学生の頃から高校生の頃、進級やクラス替えの度に、いつも
「大好きなあの子と同じクラスになれますように」とお祈りをしていた
ことを思い出します。

他にも祈るべきことがあったのでしょうが、祈ったのはそればかり。

「大好きな子と毎日会えること」、「毎日は会えなくなること」の違いは
天地ほどの違いがあるように思えたものです。


大人になって、人はいつの間にか、
「そこに当たり前のように今日も大切な人がいてくれる奇跡」に感謝
することを忘れ、そのことに甘え、大切なパートナーや子ども達に
対して、ココロで寄り添うことを忘れていってしまいます。

「ココロここにあらず」

特に子ども達の小さな世界では、カタチとして話は聞いてくれても、
両親がココロで寄り添ってくれているか否かは、心の痛みとなり、
傷跡として残っていきますし、もちろん、大人だって同様です。

そこにいないココロは、どこにいるのでしょうか。

そこよりも大切な場所、そこよりも大切な人などあるはずもない。
そのことだけは、一時たりとも忘れてはいけないはずです。


大切なものを本当に大切にすること。

立派なことなど出来なくていいから、足りないことや苦手なことばかりで
構わないから、他人と比べて劣っていることばかりの自分でもいいから、
一番大切なことだけは守り通していきたいものです。

大切な人に、いつでもココロで寄り添っていること。


昔、ある学者さんから、こんな話を聞きました。

世界中には数え切れないほどの言語が存在していますが、不思議な
ことに、全ての言語で、「心は胸の内側にある」を示す言葉があるのだ
そうです。

たとえば日本語なら、「自分の胸に聞いてみな」などと言いますよね。

そしてもう1つ共通しているのは、カチンとくるのは「頭」なのだそうです。


子どもも、大人も、自分自身も、
いつでもそこに、あなたのココロに寄り添っていてほしいのです。  


  



Posted by exceedblog at 03:35clip!あなたから誰かへ