March 20, 2009

想いの源泉にふれる

統計によると
『人は毎日27人を傷つけて生きている』のだそうです。

数人としか会っていない人は、その人を27回傷つけ、
誰とも会っていない人は、自分自身を27回傷つける。
人は、そうした過ちを許され続けて生きています。

それに対して今日1日、誰かを心から認め、受け入れ、
慈しみ、愛を与えたでしょうか。


傷つけない・傷つかないための生き方と、
感謝をして愛を注ぐ生き方とは、ベクトルが違います。


自分の最も純粋な部分から溢れる想い
それに従って、
それを信じて、
それを貫いて、
それを実現させる。

どんな大きな川も、小さい名もなき川も、川として
流れる源には、最初の1滴があります。

自分の純粋な想いの源泉にふれ、最初の1滴を見た時、
そこから溢れる想いに生きることが、歓び・自己実現。


「自分は」とか「〜のために」という自我・エゴの無い
純粋な想いの源泉。 自分はわかっている、自分は他人
よりも進んでいる、という「エゴに見えないエゴ」を取り
払い、最初の1滴まで遡って、本当の自分に出会えた時、
全ては歓びと幸せに向かって流れ始めるのでしょう。

大切な人たちに、そこから来る愛を注いでいきたい。