July 05, 2020

ポテンシャルを信じて

街角でベビーカーを押すお母さんや、子どもの手を引く
お母さんがいると、つい子どもの顔をのぞき込む。

寝顔だったり、笑顔だったり、泣き顔だったり、時には
ふくれっ面だったりする知らない子どもたちの姿を見て、
ちょっと笑みがこぼれたり、優しい気持ちになれたり、
すべての物事に感謝したい気持ちになれる。


人は誰でも、ボーダーラインを持っている。
それは、ルールと言い換えられるのかもしれない。

ここまでは許すけれど、ここからは許せない。
これはOKだけど、ここがこうなったら絶対にNG。

そんな自分のボーダーラインは、年齢を重ねる度に、
少しずつ変化していく。


昔は、電車やエレベーターでは「降りる人が先」だと
思っていたのに、毎日疲れて、いつの間にか、いつも
自分が先になってしまったり。

昔は、仲良くなりたかったら自分から相手を信じた
のに、いつの間にか、自分を信じてくれる人しか信じ
られなくなってしまったり。

いつもは相手のことを真っ先に考えてあげられるのに、
それを重ねて自分が辛くなってくると、つい自分の
ことが最優先になってしまったり。


いつでも、いつまでも、そのままの自分でいることは
難しいかもしれない。 余裕がないかもしれない。

でも、子どもの顔を見ていると、ほんの数秒間だけは
昔のままの自分に戻っていたりする。

もしかすると、本当に戻れなくなったんじゃなくて、
戻らない言い訳をしているだけなのかもしれない。


今を生きる大人たちが、ほんのちょっぴりずつでいいから、
昔の自分に戻れる時間を長くできたら、ありのままの
本当の自分を生きる時間を長くできたら、世の中は
劇的に変わるのかもしれない。

苦しいことや辛いことを我慢して、頑張り続けることは、
それはそれで大事なのかもしれないけれど、大人であり
続けることも大事なのかもしれないけれど、でも、
ターニングポイントは、考えて選んで進むより、心で感じて
進む方が、いつでも正解に辿り着く。


明日は今日より1分でいいから、ありのままの自分でいられる
ように、そのままの自分を生きられるように。
それを、ほんのちょっとずつ長くしていけるように。


見知らぬ子どもを愛しめる気持ちがある限り、世の中は
まだ捨てたもんじゃない、と思う。

そのポテンシャルを信じていきたい。


※2012年の記事より  


  



Posted by exceedblog at 00:00想いを込めて 
April 04, 2020

創るしかない

最近、昔お世話になった会社、お世話になった業界、お世話に
なった方々に対して、今、自分に何ができるだろうか、どんな
恩返しができるだろうか、と考える。

まだ未熟だった自分は、たくさんの大切なことを教えていただく
ばかりで、何の役にも立てず、迷惑をかけてばかりだったが、
今の自分に何か恩返しができないだろうかと。


世の中がコロナ禍で、活動自粛で家にいることが多いからかも
しれないし、毎日の報道で、死を身近に感じているからなの
かもしれないが、

しかし、誰もが限りある時間の中を生きているのだから、
親に対しても、恩人に対しても、感謝を伝えづらい相手に対しても、
いつまでもそのための時間があるわけじゃない。


コロナ禍で、世界はすっかり変わってしまったし、もう元には
戻らないだろう。


新しく創るしかない。創らなければならない。
向かうしかない。向かわなければならない。  


  



Posted by exceedblog at 01:15想いを込めて 
March 31, 2020

Happy Birthday

人生の最期に、誰に何を言い残せたら幸せか。
 
 
その自分の大切な想いを、毎日顕して生きることが大事で、
それこそが、限りある時間の中で、与えられた1日1日を
生きることの意味であり、価値なんだと思う。
 
 

 
 
この曲は、この上なく美しくて、完璧だ。 僕にとって。  


  



Posted by exceedblog at 00:00私からあなたへ 
October 30, 2019

ありったけの勇気を

ビジネスは、レベルアップとレベニューアップを如何に最適に行なうか
という方程式(計画・戦術)によって成り立ちます。

そして成功とは、そのベクトルが「自分の求める生き方」であることが
最大にして唯一の条件であり、全てはそこが基軸でなければなりません。


でも、人間はそんなに強くないから、
次のステップへ進もうとする度に「過去の遺産」に引き戻され、忘れたい
モノを引きずっている自分と向き合わされ、いつまでたっても成長がない、
求める生き方に近づけない自分を感じてしまうこともあります。

そんな時は、ありったけの勇気を持って、「自分の求める生き方」と、
もっともっと深いところで向き合ってみてください。


あなたが尊敬する人、こうなりたいと思う人は、どんな人でしょうか。
見た目も才能も実力も実績も人格も、全てが完璧な人なのでしょうか。
苦しい時、そんな人に手を差し伸べられて、あなたはその手にぬくもりを
感じて全てを委ねることができるでしょうか。

すごいと思うことと、心から信頼できることとは、天と地ほどに違います。


あなたが心から信頼する人は、決して完璧ではなく、不充分なところや
ダメなところをいくつも持っていて、あるいは捨てられない過去を今でも
ひきずりながら、しかし凛として顔を上げて生きている人ではないですか?

そして、あなたが大切にしたい人が心から求めている相手も、そういう人
なのではないですか?


だから、

あなたは完璧になる必要はないんです。
もちろん、強がる必要もありません。

あなたは過去の遺産を捨て去る必要も手放す必要もないんです。
そうした痛みと苦しみを持つあなただからこそ、必要とされるのです。


あなたが本当にめざす生き方をしていくために、必要だったそれらの
全ての出来事に感謝して、顔を上げてまっすぐに目の前の人を見てください。
その人との関係を通してあなたの求める生き方を実践し、求める成果を得る
方法が見えてくるはずです。


今のままの、ありのままのあなたでいいんです。
でも、今までのあなたのままではダメなんです。


ありったけの勇気を持って、過去の全てを一生引きずって生きてください。
そして、あなたを必要とする人から、
「あなたに会えて良かった」と言われてください。

そこにこそ、あなたの存在意義があるはずです。


※2008年の記事より


  


  



Posted by exceedblog at 00:00私からあなたへ 
July 05, 2019

私に何が出来ますか?

私は無宗教だけど、いつもこんな風に考える。

神様は「祝福のカード」と「鉄槌」のカードしか持っていない。


いいことをすれば、祝福され、ふっとゴッドブレスを
一息かけて、自分を前進させてくれる。

よくないことをすれば、鉄槌が振り下ろされ、ふっと
一息かけて、今いる場所から落とされる。

そしてきっと、
「実は祝福されたくてやっていた自分に気づいた瞬間」や、
「よくないことだと途中でわかった瞬間」こそ、じっと
見ているのだと思う。


そう考えると、
いいことほどさりげなく、当たり前のこととして行い、
よくないことはきっぱり断り、間違ったらすぐに謝って正す、
っていうことが大事なんだろう。


当たり前のこと。
でも、その当たり前のことが、なかなか出来ない時もある。

何かを恐れて(つまり何かに怒って)、本当の自分と真っすぐに
向き合えない状態の時とか。

そういう人が1人いると、その場の空気も雰囲気も悪くなる。


そうなると、つい言ってしまいたくなる。

「私に何ができますか?」


関わる人には皆、今日も祝福のカードを受け取ってほしい。  


  



Posted by exceedblog at 09:51あなたから誰かへ 
March 21, 2019

君は愛されている

人は毎日、無意識に27回も人を傷つけて生きている。

それは言い換えると、
人は誰もが、毎日、他人や家族や自分自身から27回も
傷つけられ、満身創痍で血の涙を流しながら生きている、
ということになる。

でも、大切な人にはそんな「本当の自分」に気づかれたく
なくて、心配をかけたくなくて、迷惑をかけたくなくて、
必死に悟られまいと、取り繕った笑顔を向けてしまう。



だからこそ、



孤独を感じて、怖くなって、誰かに守られたくて、
愛されたくてたまらなくなった時。

ダメな自分が嫌で、許せなくて、自分はみんなと違う
と感じて、消えて無くなりたくなった時。

自分の存在意義を見出せなくて、これから先の人生を
生きていく意味なんて全くないと思えた時。

湧き上がる負のスパイラルに抗えず、自分を傷つけ、
闇の中に沈んでしまいそうになった時。


声をふりしぼって、何回でも全力で自分に言い聞かせてほしい。

        「私は、愛されている」



そして、さっきまで自分のことしか見えていなかったことで、
気づけずにいた、見落としていた、あなたが大切に思う人の、
本当は傷だらけの姿に今すく気づいて、愛していると伝えて。


人は皆、今日もそのために生かされているのだと思う。


  


  



Posted by exceedblog at 16:38
January 03, 2019

未来への投資

生きづらい立場の子供たちを支援するような、様々な尊い活動に参画
してくださっている、あるいは、これから参画してくださる皆様に、
一言だけ言わせてください。

どうか、「かわいそう」だからと「同情」して、ボランティア活動を
しないでほしいのです。 誰もそれを望んでいません。


今の世の中は、自分のコトだけ考えて上手いことやった者が勝ち、
他人のコトを考えて実直に生きる者は独りで背負込んで沈んでいく、
という図式が出来上がっているように思います。

私は「いいコトをしたら、いいコトが返ってくる」と、胸をはって
子供に語りたいし、どこの家庭でもそうあってほしいと願います。


生きづらい立場にいる(いた)子供たちだからこそ、苦しい時に
誰かに信じてもらって、支えてもらって、後押ししてもらえたなら、
きっと彼らは強くなって、きっと優しく育って、
いつか大人になった時、世の中の様々な場所でその役割を果たし、
優しさと愛しみのある社会を創っていってくれると思っていますし、
そうして、この国の未来をも変えていってくれると信じています。


だから、

他人の子に愛を与えること、ほんのちょっとの手を差し伸べること、
めざす所へ向かおうとしているその背中をそっとひと押しすることは、
自分の子どもの将来の幸せにも直結する、「この国の未来への投資」
なのだと思うのです。(参照:我が子を支え育てるもの)


どうか、「かわいそう」だからと「同情」して、何かを「してあげる」
のではなく、

彼らの瞳の中の光を信じて、「この国の未来への投資」をしていただきたい。


  


  



October 12, 2018

希望のカケラ

もっと楽で楽しい人生を望んだはずなのに、ほとんどの人が
振り返れば、辛かったことや悲しかったこと、悔しかった
出来事のオンパレードな人生だ...と言う。

運に見放されたような人生を生きる、ごく一部の人ではなくて、
ほとんどの人が、である。

つまり、私もあなたも、決して特別にツイてない人なわけでは
なく、ごく当たり前の、ほとんどの人の内の1人にすぎない。


学校・受験・恋愛・仕事・家族・結婚・スポーツ・人間関係...
みんないろんなところで毎日失敗して、時に大きな失敗もして、
挫折して、その度に自分に失望して、辛く苦しい記憶となる。

でも、何かを成した人は半生を振り返った時、ほぼ必ず
「人生に無駄なことなど1つも無かった。全てが必要だった」
「その失敗、その挫折、その記憶があったからこそ、〇〇できた」
と言い切り、その出来事に心から感謝している。


乗り越えること、本当の次の1歩を踏み出すということは、
座標上の位置を移動することではなくて、成長すること。

まだ何も出来ていなくても、どこにも動けていなくても、
自分の中のベクトルが(たとえ僅かであっても)上がったのなら、
昨日までの自分とは違う、成長した自分がそこにいる。


たとえ他の人が10回でクリアするところを自分は100回かかる
としても、その100回の成長を歓べばいい。  


  



Posted by exceedblog at 17:51私からあなたへ 
August 15, 2018

何を手渡すべきか

次の世代へ、愛する人へ、大切な子供たちへ、手渡さなければならないもの

yakiba<焼き場に立つ少年>
 
 
 
  


  



Posted by exceedblog at 18:15想いを込めて 
May 25, 2018

追い続けることを諦めない

本当はこんな生き方をしたかった。
本当はこんな大人になりたかった。

途中で立ち止まってしまったり、道に迷ってしまったせいで、
本当はもっと先に行っているはずだった理想の自分からは
もはやだいぶ遅れて、ずっと離れてしまったかもしれない。

でも、

その道を走り続けていることに誇りを持って、
その背中を全力で追い続けることを、決して諦めないこと。


本当の自分は今どこにいるのか。

腕を振って、汗をかいて、涙を流して、必死に地面を蹴って、
恰好悪く無様に走っているのが、本当の自分。


走れ。 走れ。

いずれ、先を行くもう一人の自分に追いつく日がくる。  


  



Posted by exceedblog at 14:15私からあなたへ