March 10, 2009

裏切ってはならないもの

「がんばれ! がんばれ!」

「大丈夫、あきらめるな!」

「今が頑張り時なんだ!」

「君ならできる!」

「どんなことがあっても、君なら絶対にできる!」


苦しい時、いつも聞こえてきた声。
ずっと永い間、自分を支え続けてくれた彼の声。
どんな時でも、自分を信じ続けてくれる彼の声。

遠い昔、将来に誓いをたてた少年の日の自分。
彼の想いが、彼の声が、僕をつき動かす。

たとえ誰の期待に応えることができなくても、
立派なことなど何もできなくても、
彼の期待には応えたい。 否、応えねばならない。


あの日の自分の誓い、純粋な想い。
それを実現させて、彼からただ一言、言われたい。
そしてその時、ただ一言、彼に同じ言葉を伝えたい。

            「ありがとう」